問題解決事例 1

カラー鋼板を直接プレス加工、50%の大幅コスト削減を実現!


 お客様
大手家電メーカー
 お客様の課題・背景
照明機器は価格競争が激しく、大手家電メーカーでは様々なコスト削減を実施されてきましたが、従来の工法では困難な状況でした。そこで当社へご相談があり新しい工法を開発し提案をしました。
 当社の提案・対応
従来、プレス加工後に塗装加工を行っていましたが、カラー鋼板を直接プレス加工し塗装工程を無くす提案をいたしました。
カラー鋼板を用いたプレス加工は当社にとってもチャレンジでしたが次のような対応策を実施しました。
  1. 新塗装の開発

    プレスの際にカラー鋼板の鋼材の伸縮と塗装面の伸縮が異なるため塗装が剥離します。その両者の伸縮率を合わすため材料メーカーの協力のもと、新たに塗料を開発し理想的なカラー鋼板を導入することが可能となりました。

  2. キズ防止対策

    カラー鋼板のプレスでは製品にキズがつきやすいため、絞り成型金型にコーティングを施し、さらにロボットラインの採用などで塗装面へのダメージを最小限にしました。

  3. 速乾性のプレス加工油を採用

    プレス加工油によるゴミの付着防止や洗浄等の後工程削減のために速乾性のプレス加工油を用いています。

さらに作業環境が悪いと製品にキズ等、不具合の原因になるため清掃などを徹底しました。これが当社の「5S活動」を強力に推進するきっかけにもなり、工場全体で品質の向上につながりました。
 お客様の効果
 
  1. 実に50%もの大幅なコストカットを実現しました。
  2. プレス後の塗装工程がなくなることで約7日間のリードタイムが短縮されました。
  3. 複雑な形状製品の場合に起こりやすい、塗装時の塗り残しや塗装の剥離が解消され、品質が向上しました。
照明機器の製造ではローコストを求めて海外に生産拠点を移行する企業が多いなか、当社のコスト削減提案と高い品質を評価いただき継続的に受注をいただいています。
 用途・業種
照明器具の反射板、家電製品の外装部品など美観を要する金属部品
家電メーカー、IT機器メーカーなど

問題解決事例へ戻る