問題解決事例 2

切削加工をプレス加工で同時に! 80%のコスト削減を実現!


 お客様
ドアロック・システムロックメーカー
 お客様の課題・背景
従来、鍵の製造においてはプレス加工後に先端を切削加工していました。さらなる生産性改善をはかるため当社へご相談をいただきました。そこでプレス加工と同時に先端の切削加工部分をプレス加工化することを提案しました。
 当社の提案・対応
長年の精密金属プレス加工ノウハウと金属材料に関する知識により次の対応を行いました。
  1. 大型200tプレス機の採用
  2. 金属メーカーの協力のもと順送金型を採用
これらでプレス加工による鍵の「抜く」加工と先端をつぶす鍛造加工を同時に行い、従来、おこなっていた先端の切削加工を不要にしました。
このような提案をできるプレス加工メーカーがなく、ドアロック・システムロックメーカー様には驚かれました。
 お客様の効果
 
  1. 切削加工が不要になり、その段取り工程などを含めると、80%もの大幅なコストカットが実現しました。
  2. 切削加工工程がなくなることでお客様の製品のリードタイムが大きく短縮されました。
  3. 切削加工で発生する切粉や使用する切削油がなくなり作業環境もよくなりました。
切削加工に費やす作業時間や切粉や切削油の環境負荷はお客様の大きな負担となっていましたが、それらが解消され、大きなコスト削減の効果を評価いただき、この事例をきっかけに現在も継続してお取引いただけるお得意様となっています。
 用途・業種
 鍵など複雑な形状、精密な加工が必要な金属部品・製品

問題解決事例へ戻る